魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう〜起業家の父から愛する子へ33の教え〜

魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう


魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう
〜起業家の父から愛する子へ33の教え〜

浦田健 著
実業之日本社 1,620円
ISBN 978-4408420837
今すぐAmazonで購入する

 

全文を無料公開中!

 

>>投稿された感想を見る
>>感想を投稿する

〜愛する子供たちへ〜

 

君が、この本を読んでくれるかどうかはわからない。
別にいまは読んでくれなくてもいいけど、いつか君が大人になって、自分の人生を左右するような困難や難題にぶつかった時、人生の岐路になった時、折に触れてこの本を開いてみるといい。

 

きっと、その時に、君が必要としているアドバイスや、解決のきっかけを見つけることができると思う。

 

いつも僕が君に、財産は与えない、といっている本当の理由は、いま我が家にあるお金より、この「教え」の方がはるかに価値があるからなんだ。

 

お金は無くなることがあるけれど、君の「頭の中」にある「教え」は絶対に無くならない。そして、この「教え」があれば、いつでも富を作りだすこともできるし、幸せに成功することもできるんだ。

 

だから、僕は魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教える。

 

父より

〜僕と同じオヤジたちへ〜

 

この本を手に取ってくれて本当にありがとう。

 

でも、残念ながら、この本はあなたのためではなく、僕の子供たちのために書いた。なぜこんな身勝手な本を書いたのか?まずは、その理由を説明させてほしい。

 

もしかするとあなたは、僕と同じ40代、もしくは50代前半のオヤジではないだろうか?そして、あなたの子供は、中学生か高校生くらい。あと数年で社会への門出を迎え、それぞれの人生の航海に旅立つ。そんな年頃だと思う。

 

でも、僕にはもう、彼らと一緒に暮らす時間はあまり残されていない。あと10年も経たないうちに、我が家は新婚当時の静けさを取り戻すだろう。

 

彼らはこれからの時代を上手く航海していくことができるのだろうか?

 

彼らが旅立つ前に、僕は親として、人生の先輩として、彼らに人生をより有意義に、そして幸せに過ごすための「教え」を伝えたい。
だが、いつ彼らが僕にアドバイスを求めてくるかはわからないし、その時がきたとしても、もう僕はこの世に存在していないかもしれない。

 

だからこの本を書いた。

 

いまの僕なら、将来彼らが路頭に迷うことのないよう、十分な財産を残すこともできるち思う。でも、それをするつもりはまったくない。
なぜなら、お金をたくさん持っていても、それだけでは彼らは自分の人生を有意義に過ごすことは絶対にできないと思うからだ。

 

しかし、逆に本書に書いてある「教え」を知っていれば、無一文からでもお金持ちになることはできるし、幸せになることもできる。けれどもその逆はない。
おそらく、親から貰ったお金は食いつぶす一方になるだろう。

 

そして、彼らは人生を楽しむどころか、精神的な苦痛にも苛まれ、生きるだけで精一杯、そんな苦労が待ちうけているかもしれない。

 

だから、僕は子供たちに、魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えたいのだ。

 

老子は言った。
「授人以魚 不如授人以漁」
(人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける)

 

英語では、
Give a man a fish and you feed him for a day.Show him how to fish and you feed him for a lifetime.
と訳される。

 

しかし、いまの世の中の風潮は、いつの間にか、自分の世代でたくわえた富(魚)をせっせと節税し、子供たちに相続させる(与える)ことばかり考えるようになってしまっている。

 

本当にそれが彼らのためになるのか?
社会のためになるのか?

 

かつて僕は、33歳の誕生日の月に突然会社を辞めることになり、翌月から収入がゼロになってしまったことがある。

 

しかし、幸いにも僕は「サカナの釣り方」を学び実践していたので、路頭に迷うことはまったくなかった。
本書では、僕が学び身につけた「33の教え」について、その内容を1つひとつ僕の経験を踏まえながら書いていく。どれも何ひとつ難しいことはないが、あまり意識して実践している人はいないようだ。
なぜ、人は失敗するのか?
なぜ、大金を手に入れたのに不幸な人がいるのか?
それは本当の「サカナの釣り方」を理解し実践していなかったからだ。

 

もちろん、僕だってすぐにサカナが釣れたわけではない。
道具や仕掛けを工夫しなければならなかったし、ポイント選びも重要だった。
季節や時間帯によっても釣果は違った。天気にも左右される。

 

どんな条件でも、サカナを釣らないと生きてはいけない。だから、釣ったサカナを加工して保存する方法を学んだ。

 

もちろん、サカナを釣るばかりが能ではない、養殖する方法だってある。こうして数々の経験を重ね、僕はあらゆる危機を乗り超えられるようになっていった。

 

それぞれの人生には、さまざまな課題が待っている。
この課題を超えてこそ、人は成長し、活躍のステージをあげていける。そうして初めてサカナも釣れるようになるのだ。
これは良い道具を持っていても魚が釣れるようにならないのと同じ。お金で解決できることではなく経験や知恵こそがその助けになるのである。

 

僕自身も20代、30代、40代と人生の岐路で、自分なりにさまざまな課題に立ち向かい、スパイラルに成長してきた。人生の先輩に教えてもらったこともあるし、本をたくさん読んだり、自分の経験の中で気づきを得たものもある。

 

本書にも書いたがにも書いたが、人生の岐路で、もがき、苦しみ、その都度、さまざまな難関を超えてきた。だからこそ、33歳で自ら仕事をつくり、そこそこの成功を収めることができたのだと思う。

 

でも、もし本書に書いてある「教え」を、僕が10代、20代の時に知っていたなら、もっと気楽に、楽しく、そして早く、さまざまな難関を超え、成功していたと思える。だから僕の子供たちには、いまのうちにこの「教え」を伝えておきたいのである。

 

しかし、彼らはすでに思春期の真っ只中。多感な年頃になってしまい、悲しいかな、僕の話を真剣に聞く耳を持ち合わせていない。

 

夕食時に、真面目な話を始めようものなら、すぐに茶化され、食事を食べ終わればすぐに席を立たれてしまう。学校への送り迎えの車内でチャンスを見つけ「教え」にトライするも、すぐに夢の中に潜られてしまう。臭い、うざい、ハゲといわれることもある。ハゲてないのに……(笑)。
とにかく彼らの年代はコミュニケーションが取りづらい。

 

だから僕はこの本を書き、そっと彼らの傍らに置いて、そこから彼らの成長を見守っていようと考えた。

 

僕の願いはただひとつ。彼らが、本当にやりたいことを見つけ、たくさんの仲間たちと、社会に役立つことをし、毎日をワクワク幸せに過ごしてもらいたいということだ。彼らがそんな人生を歩んでくれるようになったら、それで満足。思い残すことはない。

 

彼らが、この本を折に触れて読んでくれたなら、きっと成長の助けになる。
僕自身がそうだったから、そう確信できる。

 

もし、あなたにも僕と同じ年頃の子供がいるのなら、この本を彼らの傍らに置いてくれたらいいと思う。
しかし、この本に書かれている70%くらいは、あなた自身もできていないとダメだ。
「パパができてないこと、私たちに押しつけないでよ!」
逆に恥をかくことにもなるだろう。
だから、この本に書いてあることは、あなたがまず生活の随所に取り入れ、あなた自身がまず成長しなければならない。

 

釣りが下手な人に、だれも釣りを教わろうとしない。

 

あなたが、釣り名人になれば、自ずとあなたの子供たちも釣り名人を目指すようになる。
子供は親を映す鏡。子供は親の背中を見て育つのである。

(「はじめに」より)

魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう
〜起業家の父から愛する子へ33の教え〜「目次」

はじめに

    ◆お金と幸せの法則編
  1. お金に綺麗も汚いもない。お金を稼ぐことは良いこと。稼ぐことを躊躇してはいけない。
  2. お金持ちになれば幸せになれるのか?
  3. 幸福度が高まる5つのお金の使い方。
  4. お金は適度に使い、感謝して送り出すとまた帰ってきてくれる。
  5. ありがたく受け取る。

  6. ◆ビジネス成功法則編
  7. 好きなこと、情熱があること、他人にとって良いこと、を仕事にする。
  8. 成功は自分の心が決める。
  9. まずは3年頑張りなさい。
  10. 節約してまずは1000万円貯めよう。
  11. コップの水は飲んではいけない。お金を自分のために働かせる方法を常に考える。
  12. 小さなお金の流れをたくさん作る。一獲千金を狙わない。
  13. 社会に役立つものを提供することに集中しよう。そうすればそれに見合った報酬が手に入る。
  14. 全部自分でやろうとしない。そのヴィジョンが心から共感されるもので、他人のベネフィットに貢献できれば、必ず協力してくれる。誰かのためにやるから誰かが助けてくれる。
  15. 動くものには引力が働く。常に目標に向かって動いていれば、君にいま必要な人が引き寄せられる。想いが強ければ強いほど、引力が強くなる。
  16. 世の中に無いものを作ろうとする時、その答えを知っている者はいない。だから走りながら考えること。わかってからやるのではない。やればわかる。準備が整う前に始めよう。
  17. 完璧を目指さない。7割を目指す。
  18. 問題は常に起こる。問題を解決することに集中しすぎてはいけない。あえて散歩をしたり、ゴルフをしてリフレッシュしてから、問題に取りかかる。
  19. 何があっても成功を信じなさい。

  20. ◆コミュニケーション編
  21. コミュニケーションはキャッチボール。投げるよりもキャッチの達人になろう。
  22. 他人を変えるのではなく、自分が変わらなければならない。他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。相手は自分を写す鏡。
  23. 人を喜ばすことを常に考える。サプライズは良いコミュニケーションがつくれる。ジョークの達人になる。
  24. 簡単に人を信じるな。でも人を信じなければ何もできない。君に解決できない問題は起こらない。

  25. ◆運をつかみ成功する編
  26. 自分も他人も幸せになるような、夢、目標を持ちなさい。そして常にそれが達成できたことをイメージできるようにしなさい。夢の先の夢を持ちなさい。
  27. 夢を持てば、やらなくていいことも明確になる。
  28. 好奇心、楽観性、オープンマインド(柔軟性)、粘り強さ、リスクテイク、の5つが運を引き寄せる。
  29. 運の良い人と付き合う。
  30. 誰でもやっている普通のことを誰よりも徹底的にやる。失敗者と成功者の間にあるたったひとつの違いは「習慣」の違いだ。良い習慣を身につけ、その奴隷になる。
  31. やる気のスイッチを入れる方法。
  32. 常に自分の器を広げ飢餓状態にせよ。ホラを吹きなさい。人はなりたい自分にしかなれない。
  33. 短所は隠すのではなく、自慢してしまいなさい。
  34. 限界を超える。
  35. 何事にも「ありがとう」と感謝する。
  36. 心ゆくまで自分の人生を楽しもう。

あとがき

 

>>今すぐAmazonで購入する
お問い合わせはお気軽に
047-390-2175/平日9:30〜17:30
お問合せフォームはこちら

365日届く!浦田健公式メールマガジン「金持ち大家さんの日めくり金言集」は購読無料

お名前
メール

お問い合わせ

電話でお問い合わせはこちら047-390-2175 メールでお問い合わせはこちら

新着情報

旬のノウハウを生で学ぶ・講演・セミナー情報 大家検定全国受講受付中 金持ち大家さんになるHP アパート売却を成功させるための勉強会 稼ぐ戸建賃貸 仲介手数料最大無料サービズ 住まいる講座