ブログ

入居者アンケートで不満を改善しよう!

公開日: 2016年08月01日

こんにちは!YouTuber ウラケン不動産です。

賃貸経営で大切なことは、何だと思いますか?

それは、

「入居者にいかに長く入居してもらうか」

です。

もちろん、空室期間を短くし、
機会損失を少なくすることは重要です。

しかし、

「せっかく苦労して入居を決めた部屋が、わずか1年で退去。」

「原状回復や新規募集の広告費で出費がかさんでいく・・・。」

こんなことを繰り返していたら、
いつまでたっても経営が安定しません。

したがって、賃貸経営では、戸建賃貸やマンションに関わらず、
入居者に長く入居してもらうための努力が必要なのです。

では、具体的にどうしたら良いのか。

それは、入居者の満足度を上げることです。

満足度が高ければ、いつまでも長く入居したいと思ってくれます。

この入居者満足度は、実際に入居者に
アンケートを取るのが一番早い調査方法です。

まず、更新や再契約のタイミングでは、
必ず入居者に不満点はないか聞くようにしましょう。

・ 室内や設備に不具合は起きていないか?

・ 騒音など生活する上で気になることはあるか?

どんな細かいことでも良いので、
この機会に不満をなくしてあげましょう。

そして、退去する方には、必ずアンケートを取ります。

退去が決まっているので、気を遣わずに
意見を言ってくれることが多いです。

当社が行ったアンケートでも、

・ 携帯電話の電波が悪く、不便でした。

・ 車通りに面しているため、通行人の目線がたまに気になりました。

・ 室内にコンセントが少なく、生活しづらかった。

など、入居してみないと気づかない事を教えてくれました。

こういった不満は、今回の入居者だけでなく、
今後も必ず出る不満です。

それならば、何かしらの対策をし、
同じような不満が出ないようにしましょう。

少しずつでもよいので、入居者の不満を改善していくことで
より良い物件になり、長く入居してもらえるようになります。

もし、管理会社が対応してくれないのであれば、
あなた自ら行動し、安定した賃貸経営を目指していきましょう。

平成28年8月1日
鹿股 恭平