ブログ

賃貸の募集ってどうやるの?

公開日: 2021年11月21日

☆お知らせ☆
引渡し前に満室御礼!徹底したターゲット調査によって実現した満室企画が11/16に見学会開催
http://www.kodatechintai.jp/pastvisit/post_68.html

戸建賃貸は独立した戸建だけではなく、2戸1棟となった賃貸併用型の建築も出来ます。

賃貸併用住宅とは、読んで字のごとく1棟の建物の中に、賃貸オーナーの居住スペースと入居者の居住スペース2戸が共存する住宅のことです。

賃貸部分から得られる賃料収入をローン返済にあてることができるというのが、最大の特徴です。

賃貸併用住宅を建築して住む場合、賃貸部分の部屋を貸し出すことになりますが、「貸し出し方がわからない」と相談を受けることがあります。

せっかく戸建賃貸の需要があると分かっていて、住宅ローンの足しにしたいと考えていても、貸し出し方が分からなければ、元も子もありません。

そこで今回は、入居募集の依頼方法について書いていきたいと思います。

戸建賃貸は独立した戸建だけではなく、2戸1棟となった賃貸併用型の建築も出来ます。

賃貸併用住宅とは、読んで字のごとく1棟の建物の中に、賃貸オーナーの居住スペースと入居者の居住スペース2戸が共存する住宅のことです。

賃貸部分から得られる賃料収入をローン返済にあてることができるというのが、最大の特徴です。

賃貸併用住宅を建築して住む場合、賃貸部分の部屋を貸し出すことになりますが、「貸し出し方がわからない」と相談を受けることがあります。

せっかく戸建賃貸の需要があると分かっていて、住宅ローンの足しにしたいと考えていても、貸し出し方が分からなければ、元も子もありません。

そこで今回は、入居募集の依頼方法について書いていきたいと思います。

■入居者募集方法

不動産の入居者募集の方法には、大きく分けて一般媒介と専任媒介の二種類があります。

・一般媒介

複数の不動産業者に募集依頼することが可能な契約です。

・専任媒介

不動産業者一社に対してのみ、募集依頼することが可能な契約です。

二種類の募集方法には、それぞれにメリット・デメリットがあるのです。

■メリット・デメリット

・一般媒介

メリット

1、依頼した分だけ多くの業者が募集活動してくれる。

2、魅力的な物件の場合、業者間での競争して募集してくれる。

3、集客力のある業者に直接依頼をすることが出来る。

デメリット

1、様々な業者が募集活動をしているので、
  本気で募集してくれないケースが多い。

2、レインズへの登録義務がない。報告義務がない。※レインズとは不動産流通標準情報システム   のことをいい、全国の不動産業者が依頼を受けた物件の登録、検索、閲覧をすることが出来る。

3、募集状況の報告義務がないため、現況がどのような状態かわかりづらい。

・専任媒介

メリット

1、窓口が一社だけなので、連絡業務の煩雑さが少なくなる。

2、責任を持って募集活動をしてくれる。

デメリット

1、業者が情報を抱え込んでしまうことがある。

■結局のところどちらがいいの?

双方にメリット、デメリットがあることは、理解いただけたでしょうか?

どちらの募集方法がいいかは、実は地域、物件、報酬の有無によって変わってきます。ネットの普及により、どの不動産業者でも物件情報を仕入れることができます。

まずは地域で力を持っている不動産業者に相談し、社内や担当者の雰囲気、最新の賃貸事情を理解しているかどうか、

ITを駆使した募集方法が出来ているかを確認し、そこから判断していくことが、鉄則ではないのでしょうか。